出荷自粛について

新聞、ニュース等でご覧になった方も多いかと思いますが・・・

3月11日東北関東大震災による福島第一原発の事故を受けて、3月19,20日に県内農産物の安全確認調査を行ったところ、佐野のかき菜についても厚生労働省の定めた暫定規制値と同程度の数値が検出されました。この結果を受けて県から出荷自粛の要請があり、当JAでは21日以降のかき菜出荷を当面の間自粛することとしました。

※検出された放射性物質はごく微量で、3検体調査したうち1検体のみ、規制値と同数値との結果でした。1日15グラム程度を1年間食べ続けても胃のX線検診1回分程度の濃度とのことなので、直ちに健康に影響が出るものではありません。また、水でよく洗い流せばほとんど落とせます。

今年の冬は極端な寒さと乾燥により、不作だった前年冬をよりも更に不作の状態が続いていましたが、3月に入ってから気象条件も良くなり生育状況も回復して正に「これからかき菜の季節だ!」と生産者共々意気込んでいた矢先の出来事でした。丹精込めた農作物が出荷できないことほど農家にとって辛いことはありません。とても悔しく、残念な気持ちでいっぱいです。今後少しでも早く原発が復旧し、事態が落ち着いて出荷が再開できることを祈るばかりです。

また消費者の皆様に安全でおいしいかき菜をたくさん届けられますように・・・

佐野そだち菜: 出荷自粛について
http://www.tochigi-kakina.net/article.php?story=20110321133138470